千葉の通夜式から葬儀まで

千葉での葬儀は、遺体の搬送、安置から始まり、葬儀社は通夜式の式場の準備、遺族は近親者への連絡や喪服の準備などをしていきます。

▼お葬式で大事な『数珠』について⇒お通夜、告別式での数珠の意味とマナーについて抑える7つの事 – マナーの虎☆

通夜式当日は、仏式の場合、遺族や親族が式場内に着席し、その後導師が入場して始まります。

三十分程度の読経が行われ、遺族、親族、弔問客の順番でお焼香をして行きます。

導師の退場、喪主の弔問客へのお礼、宗旨によって導師のお話がある場合があります。

通夜式の後には導師へのお礼をし、弔問客には通夜ぶるまいでもてなします。

通夜ぶるまいは大体一時間程度、地域によっては夜伽といって、ご遺体の側に寄り添い、お線香やろうそくの火を絶やさない様にする場合もあります。

葬儀式当日は、仏式の場合、通夜式と同様に遺族や親族が式場内に着席し、その後導師が入場、開式の辞で始まります。

導師による読経と焼香、喪主、遺族、親族、弔問客の順に焼香をします。

弔辞と弔電披露がされ、喪主もしくは遺族代表の挨拶、導師の退席、閉式の辞となります。

祭壇の花などでご遺体を飾り、故人との最後の別れをして、蓋を閉めます。

喪主、遺族、近親者で出棺をし、霊柩車まで運び、その後喪主からの終わりの挨拶となります。

参列者に見送られ、霊柩車によって火葬場にご遺体は運ばれて荼毘に付します。

千葉での葬儀では、通夜式をして通夜ぶるまいと必要に応じて夜伽、翌日葬儀式で最後のお別れをして出棺、火葬場で荼毘に付し、ご遺骨はお骨上げをして骨壺に収めます。