千葉の葬儀から通夜式まで

千葉での葬儀は、昔ながらのしきたりが守られて地域ごとに異なる葬儀が行われるところもありますが、全体的に葬儀の都市化が進んでいるということもあって、大体の葬儀の流れというのは決まって来ています。

病院で亡くなられた場合、ご遺体の処置がされ、医師からは死亡診断書が出されます。

自宅で亡くなられた場合は、主治医がいる場合は連絡して死亡診断書を、主治医がいない場合は警察に連絡して死体検案書を作成してもらいます。

病院で亡くなられた場合は、ご遺体を搬送する必要があり、葬儀社に連絡もしくは病院から紹介された葬儀社に搬送を依頼します。

搬送後、葬儀社はご遺体を指定の場所に安置し、枕飾り、ドライアイス処置などを行います。

ご遺体の安置後、近親者が揃ったら納棺を行います。

葬儀社のスタッフと遺族、近親者の手によって納棺されます。

この際、お気に入りの服や品物を用意して一緒に納棺します。

ご希望の場合には洗い清める湯灌のサービスなどもあります。

ご遺体の納棺後は、葬儀社は式場や祭壇の設置、受付などの準備などをします。

遺族は喪服の準備をし、貸衣装や着付けが必要な場合は早めに手配しておきましょう。

通夜式、通夜ぶるまいでは弔問客へのもてなしのための飲食の準備などをします。

お茶菓子などを用意しておく地域もあります。

千葉での葬儀では、亡くなられた時点で葬儀社に連絡をし、病院であれば搬送から依頼し、枕飾りなど安置をして、その後納棺、通夜式の準備になります。