サザン桑田の魅力とは

サザンオールスターズは1974年に結成されました。

青山学院の学生により結成され、1978年にデビューしています。

デビュー曲は勝手にシンドバッドです。

その後もいとしのエリー、チャコの海岸物語、涙のキッスなどミリオンセラーの曲も多く、それ以外の曲も常に大ヒットする人気のバンドです。

リーダーはボーカルの桑田佳祐さんで、今までの曲のほとんどを桑田さんが作詞作曲をしています。

サザン桑田と呼ばれる事も多く、デビュー以来幅広い年齢層の人に支持されています。

サザン桑田の妻といえば、同じバンドメンバーの原由子さんです。

サザン桑田さんと原由子さんが仲が良いのはとても有名な話で、新アルバムでもその想いを歌ったと話題になっていましたね。

1985年に原さんが産休をとりますが、その時サザンも頂点に達した事を機に一旦活動を停止します。

バンドの活等停止以降は、それぞれがソロ活動をした事でも注目されました。

デビューから10周年となる1988年には、バンドも活動を再開し、24枚目のシングルみんなのうたを発売します。

その後もメンバーの脱退で活動を停止した時期はありました。

バンドの活動を停止している時は、サザン桑田もソロ活動をしており、その都度ヒット曲を世に送り出しています。

バンドとしてだけではなく、ソロでもこれほどに人気があるのは凄いことですね。

サザン桑田のみならず、彼が率いるサザンオールスターズがここまで人気なのは、常に新鮮差がある事だとファンの多くが言っています。

そう言われてみると、昔の曲を聴いても全く古臭く感じません。

親がサザン桑田のファンだと、子供も自然に曲を聴いて育つので、親子でサザン桑田のファンが多いのも頷けます。